お役立ちブログ

外国人のための「やさしい日本語」 災害時に役立ちます。

  • facebook
  • twitter

6月18日、大阪北部で大きな地震が発生しました。

 

被災された皆さま。

心より、お見舞いを申し上げます。

 

犠牲となられた方々に、謹んでお悔やみを申し上げます。

被害に遭われた方々には、一日でも早いご回復と、早期の復興をお祈りしております。

 

 

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 

「やさしい日本語」、ご存知ですか?

 

「やさしい日本語」とは、外国人に分かりやすい日本語のことをいいます。

 

普通の日本語よりも簡単な日本語のこと。

地震などの災害時に、非常に有効です。

 

現在、私たちのまわりでは、多くの場所・場面で、英語・韓国語・中国語・ベトナム語・フランス語など、多言語で表記がされています。

 

以前に比べたら、とても便利になったでしょう。

これらメジャーな言語が母国語の方々にとっては。

 

でもね。

マイナーな言語が母国語の方々にとってみたら…

 

結局は、自分の母国語で書いてもらわないと、正しく理解することは難しいかもしれません。

 

そうは言っても、すべての国の言語で表記することは不可能ですよね。

 

日本は、地震などの災害が多い国です。

日本にお住いの外国人や、旅行・仕事などで短期間日本に滞在されている外国人が、災害に遭われる可能性もあります。

 

過去には、災害時に、日本語や英語なども十分に理解できず、必要な情報を受け取ることができない外国人もいました。

 

災害が起きたとき、外国人の被災者にスムーズに災害情報を伝えるためには、どうすればよいか?

 

そこで役立つのが、どの国の人にも理解できる、「やさしい日本語」での情報提供です。

 

 ★「やさしい日本語」の作り方★

  ①より重要な情報だけに絞り込む。

    何が起きたのか

    これから注意することは何か

 

  ②あいまいな表現をしない。

    やや規模の大きな余震が起きるおそれもある ×

    大きな地震のあとには余震があります 〇

 

  ③難しい言葉は言い換える。

    危険 → 危ない

    確認する → よく 見る

    警戒する → 気を つける

 

  ④災害時によく使われる言葉には、「やさしい日本語」に言い換えた表現を添える。

    余震 → 余震(あとで 来る 地震)

    避難所 → 避難所(みんなが 逃げる ところ)

    津波 → 津波(とても 高い 波)

 

  ⑤複雑でわかりにくい表現は、文の構造を簡単にする。

    文を短くする

    言葉の意味が確実に伝わるよう、文節に区切りを入れる

 

これらのことに気を付ければ、「やさしい日本語」になります。

 

 ≪例≫

  大(おお)きい 地震(じしん)の あとには 余震(よしん)(あとから 来(く)る 地震(じしん))が あります。

  気(き)を つけて ください。

  火(ひ)を 使(つか)わないで ください。

 

ひとつひとつの文章を短くして、難しい言葉は使わないようにしました。

災害時によく使われる言葉には、説明書きを加えました。

 

こうすれば、日本語に不慣れな外国人にも、わかりやすいと思いませんか?

災害時に適切な行動をとれるようになるのではないでしょうか。

 

また、「やさしい日本語」は、普段の生活でも役立ちます。

日本に住む外国人向けの生活情報誌や、行政窓口外国人対応マニュアルなどでも使われています。

 

日常生活の中や災害時に、「やさしい日本語」を活用する。

 

普段から「やさしい日本語」の文を作る・読むことに慣れることができます。

 

情報を伝える側、受け取る側。

それぞれが「やさしい日本語」に慣れていれば、日常生活においても、災害時においても、より情報伝達がスムーズになるのではないでしょうか。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら