お役立ちブログ

帰化の要件とは?~一般的な外国人の方の場合①~

  • facebook
  • twitter

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 

さて。

帰化申請には重要なことがあるとご説明しました。

 

はい、そうです。

「帰化の要件を満たしていること」ですね。

 

 ※参考記事

  ・「帰化」するとはどういうこと? いつ、「帰化」する?

   https://office1017.com/blog/1574/

 

 

どんな「要件」を満たしている必要があるのかは、それぞれの事情によって異なります。

 

 

まずは。

 

一般的な外国人の方の帰化申請の要件について説明したいと思います。

 

 

【一般的な外国人とは…】

 

特別永住者の方や、日本人と結婚している外国人の方以外の外国人全員を差します。

 

具体的には、

 

独身の外国人の方。

外国人同士で結婚している方。

留学や就職等で日本に来た外国人の方。

 

このような外国人の方が当てはまります。

 

 

【要件①:住居要件】

 

引き続き5年以上日本に住所を有すること。

5年以上日本に住んでいますか、ということです。

 

具体的には下記のとおり。

 

●「引き続き」=「継続して5年以上」。

 

 たとえば、

 

 3年間日本に住んでいました。

 1年間海外に行っていました。

 その後日本に戻って、また2年間日本に住んでいます。

 

 この場合はダメです。

 帰化できません。

 

 「継続して」5年、日本に住んでいないからです。

 

●5年のうち仕事している期間が3年以上あること。

 

 アルバイトはダメです。

 

 就労ビザを取って、3年以上働いていることが必要です。

 雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員でも大丈夫です。

 

★10年以上日本に住んでいる人の場合

 就労経験が1年以上あれば大丈夫です。

 

●5年間の出国日数について

 

 5年のうち、1回3ヶ月以上日本を出国したことはありませんか?

 

 海外出張とか、帰国出産とか、

 震災時の避難のためとか。

 

 連続して 3ヶ月以上日本を離れていると、残念ながら、それまでの日本居住歴はなくなります。

 もう一度ゼロからカウントすることになります。

 

 また、1回の出国は3ヶ月より短くても、1年間で180日以上日本を出国した場合も、これまでの居住歴はなくなります。

 

 ちなみに。

 出国の理由は関係ありません。

 

 会社の出張だから、

 会社命令だから、

 仕事だから、

 仕方なかったんです!

 

 という場合でもダメですので。

 ご注意を。

 

 会社から出張の証明書もらえますから!!

 

 …ダメです。

 お気をつけて。

 

 

【要件②:能力要件】

 

20歳以上ですか、ということ。

20歳以上であれば大丈夫です。

 

 

【要件③:素行要件】

 

真面目な人かどうか、です。

 

●きちんと税金を払っていること。

 

 会社員の場合:住民税を払っていること。

 

 ・結婚している人は、配偶者の分も納税証明が必要です。

  自分はきちんと払っていても、配偶者が税金を滞納している場合はダメです。

 

 ・お給料から住民税が天引きされている場合(特別徴収)と、

  自分で支払わなければならない場合(普通徴収)があります。

 

  給与明細を見れば分かるので、確認してみてください。

 

  たまーに、住民税を払っていない方がいます。

  住民税が未納のままでは帰化申請できませんので、ご注意ください。

 

 ・扶養について

  配偶者、子ども、本国の両親等を扶養に入れていることがあります。

  そうすると、自分の税金が安くなりますから。

 

  ただし。

  たまに、扶養に入れることができない人を入れている場合があります。

 

  たとえば。

 

  アルバイトでたくさんお給料をもらっている人を入れている。

  亡くなった人を入れ続けている。

  本当は扶養していない人を入れている。

 

  その場合、税金の修正申告をする必要があります。

 

  だって、そうですよね。

  本来払わなければいけない税金額よりも、少ない金額しか払っていないのですから。

 

  扶養している人がいるかどうかは、源泉徴収票を見れば分かります。

  念のため、確認してみましょう。

 

 会社経営者・個人事業主の場:個人の税金+会社の税金もちゃんと払っていること。

 

★ 年金

 つい最近、年金を払っているかどうかも帰化申請のポイントになりました。

 

 会社員の方で、お給料から厚生年金が天引きされている人は大丈夫です。

 

 会社が厚生年金に入っていない場合は、国民年金を払わなければいけません。

 これは、外国人の方でも払う必要がありますので、きちんと払っていることが必要となります。

 

 会社経営者の方は、会社として厚生年金に加入しなければならない場合は、会社としても厚生年金保険料を払っていることも必要です。

 

●前科がないこと

 警察につかまったことがあるかどうか、です。

 

 ・交通違反

  車を運転する人は要注意です。

 

  交通違反は、過去5年間の違反経歴を見られます。

 

  5年前から現在まで、交通違反は何回ありますか?

 

  回数が多い場合は、帰化申請に影響があります。

  法務局から色々と質問される可能性があります。

 

  特別永住者の方の場合よりも厳しく審査されます。

  お心当たりがある場合は、事前に、正直にご相談ください。

 

●街中でケンカしたとか、万引きしたとか。

 裁判で刑が確定して前科になっている場合は、要注意です。

 

 

長くなったので、次回に続きます。

To be continued.

 

 ※続きはこちら

  帰化の要件とは?~一般的な外国人の方の場合②~

   https://office1017.com/blog/1586/

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら