お役立ちブログ

ビザ申請の相談で思うこと~親戚・知人は許可されたのに~

  • facebook
  • twitter

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 

外国人の方のビザ申請のご相談で、皆さま、しばしば同じことを言います。

 

外国人でも、日本人でも。

 

そんなとき、私は内心、「あ、またか。」と思います。

なんでかなぁ~と、正直、不思議です。

 

「友達が手続きしたときは、大丈夫だったよ。」

「私の知り合いの人は、これで許可されたのに。」

「〇〇さんはできたのに、なぜ私は不許可なの!?」

 

そう思う気持ち、理解はできます。

 

〇〇さんが大丈夫だったなら、私もきっと許可される!

そう思って、安心したい。

許可されるまでは、誰だって不安ですもんね。

 

でも、そんなに簡単にはいかないことを分かっていただきたいので、私も毎回、同じようにお答えしています。

 

「〇〇さんとあなたは別人ですよ。」

「たとえ国籍が同じでも、人によって他の事情は全然違いますよね。」

 

そうです。

あなたは、あなた。

〇〇さんは、〇〇さん。

 

国籍は同じだとしても。

年齢・性別・家族構成・出身地・学歴・職歴・これまでの日本滞在歴・住んでいるところ・働き先・収入・貯金…

その他のこと、すべて、あなたと〇〇さんは同じですか?

 

もしも、仮に。

それらすべてが同じだったとしても。

 

全く同じ時期に、全く同じ手続きをするのでしょうか。

同じ入管・法務局で、担当者も同じですか?

 

「〇〇さんは、これで大丈夫だったのに。」

「こんな場合でも、ちゃんと許可もらえたんだって。」

外国人関係手続においては、これほど信用できないものはない。

 

そう、私は思います。

 

ちょっと親戚・知人に聞いてみる。

もちろん、悪いことではありません。

 

ただし。

どうか、それを100%、信じないでほしいのです。

 

「ありがとう。参考にするね。」

それくらいにしておいてください。

 

だって。

その人は、外国人手続きについて詳しいですか?

これまで何度も、入管・法務局で手続きしている人でしょうか?

 

もしかしたら、本当は不許可になっていたはずなのに、たまたま、運良く許可になっただけ、という人かもしれません。

 

はい。

突然ですが、質問です。

 

Q、①~③のうち、どの人の話を信じますか?

 ①初めて入管・法務局で手続きをした〇〇さん。

 ②たまたま運良く許可をもらった△△さん。

 ③外国人手続きの専門家の行政書士。

 

私のところにビザ申請のご相談に来てくださった、あなた。

 

あなたが不安なこと、疑問に思うこと。

遠慮なく、お聞きください。

 

そのときは、あなたのご事情に合った、あなたのためのお話をさせていただきます。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら