お役立ちブログ

外国人のビザ申請について、行政書士として思うこと その②

  • facebook
  • twitter

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 

外国人の方からのビザ申請のご相談中や、ご依頼後に手続きを進めていく中で。

 

よく言われます。

 

「友達はビザ申請を許可されたから。

私も許可されますよね?」

 

 

なぜ、そう思うのでしょうか。

 

 

うーん…

例えばですよ?

 

・同じ国の出身。

・在留資格が同じ。

・在留期間が同じ。

・日本に来た年月日が同じ。

・日本滞在歴が同じ。

・日本在留状況が同じ。

・年齢が同じ。

・職業が同じ。

・同じ会社に勤めている。

・家族の人数が同じ。

・ビザ申請の時期が同じ。

・同じビザの申請だから。

・同じ入管で手続きする。

 

あなたは、そのお友達とこれら全部、同じでしょうか?

 

 

ご家族親戚関係、学歴、職歴、日本在留状況、その他これまでの経緯・経歴…

 

これらが自分と全部同じ人。

私は、いないと思います。

 

バックボーンは人それぞれ異なります。

当たり前です。

 

 

なのに、なぜ。

 

「友達はビザ申請を許可されたのだから、私も許可される。」

あなたは、そう思うのですか?

 

 

いくつか同じところがあるから。

いやいや、奇跡的にぜーんぶ同じなんだよ!

 

…もし仮にそうであったとしても、あなたも同様にビザ申請が許可されるという保証にはなりません。

少なくとも、私は行政書士としてそんな保証はできません。

 

 

ビザ申請において、人と比べることに意味はありません。

 

ビザ申請では、人それぞれのご事情に見合った申請書類・証拠資料等を準備し、入管に提出して、1人1人について審査され、許可・不許可を判断されます。

 

 

他人と比べても意味はありません。

人は人。あなたは、あなた。

 

人と比べても、時間の無駄。

あなたの大切な時間は、ご自分のことをよくよく振り返って、ビザ申請の準備のために使いましょう。

 

 

あなたが今まで誠実に正しく過ごしてこられたなら、何も心配はいらないでしょう?

他人と比べる必要なんてありません。

 

私も、そんなあなたのビザ申請を、行政書士として精一杯お手伝いさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

 

 

 

 

 

このあと、お時間はございますか?

よろしければ、こちらもご覧ください。

 

 

ABTC申請代行センター★

 ABTC(エイペック・ビジネス・トラベル・カード)をご存じですか?

 APEC域内へ頻繁に短期間渡航されるビジネスマンの方に、ぜひお勧めしたいカードです。

 

 ・短期出張の際にビザ取得が不要になります。

 ・現地に到着後、待ち時間なしで入国審査を受けられます。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

  

 

 

★カンボジア人専門!特定技能ビザ関連手続きサポートセンター★

 人手不足でお困りの会社さま、経営者の皆さま。

 外国人雇用にご興味ありませんか?

 

 カンボジア人の雇用、特定技能外国人の雇用をお考えなら。

 「特定技能」ビザ・制度について、ぜひこちらをご覧ください。

 

  

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら