お役立ちブログ

国際結婚・配偶者ビザのご相談では… 聞かせてください、お2人のこと。

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 ※国際結婚・配偶者ビザについての詳細は、こちらへ。

  https://office1017.com/service/service01/

 

 

 

国際結婚・配偶者ビザのご相談で、お願いがございます。

 

お2人の

 

・出会いのきっかけ

・交際に至る経緯

・交際中の様子

・結婚に至るまでの経緯

・将来像

 

など、交際・結婚に至った経緯等をお聞かせください。

 

 

「なんでそんなことまで聞くの!?」

「プライベートなことでしょ。聞かれたくない!答えたくない!」

 

中には、こんな風に思われ、気分を害してしまう方もいらっしゃいますが…

 

確かに、お聞きしているのは、お客さまの大事なプライベートです。

お客さまがそのように思われることも理解します。

 

ただ、分かっていただきたい。

興味本位でお客さまのプライベートをお聞きしているワケではないのです。

 

もちろん、配偶者ビザ申請に必要なことだからお聞きしているのです!

 

私だって、人間ですから。

配偶者ビザ申請に必要ないことまで、むやみやたらにお聞きして怒られたくありません…。

 

 

入管での配偶者ビザ申請の際には、お2人の交際・結婚に至る経緯、今後日本でどのように生活していくのか等を、事細かに聞かれます。

 

基本的には、入管が用意した「質問書」という文書で質問され、それに回答していくことになるのですが、それらの回答を裏付ける立証資料(お2人の写真等)も提出する必要があります。

 

そこには「プライベートはない。」と言っても、過言ではないでしょう。

 

 

入管は、なにより「偽装結婚」での配偶者ビザ申請を嫌います。

 

「愛している」と偽り、婚姻の意思・実態もないのに、結婚し、配偶者ビザを取得する。

このような偽装結婚による配偶者ビザの取得は、犯罪の温床ともなっているからです。

 

配偶者ビザを取得するためには、2人の結婚が正真正銘・真実の結婚であり、けっして偽装結婚でないことを合理的に説明・立証していかなければいけません。

 

 ※参考記事

  ・国際結婚手続きと配偶者ビザ(在留資格)申請手続きとの関係 外国人の妻(夫)と日本で一緒に暮らすには?

    https://office1017.com/blog/1173/

  ・配偶者ビザを申請・取得するために 国際結婚の手続きって難しい??

    https://office1017.com/blog/1176/

  ・配偶者ビザ申請で不許可にならないために 国際結婚、こんな場合は慎重に…

    https://office1017.com/blog/1180/

 

 

「でも、やっぱりプライベートだから答えたくない…。」

 

お気持ちは分かります。

 

私も、過去に夫の配偶者ビザを申請したときは、

「こんなことまで聞かれるのね(笑)」

と、なんだか恥ずかしいような、照れくさいような気持ちになったものです。

 

 

配偶者ビザを取得するためには、入管から要求されていることには応えなければいけません。

 

質問への回答も、証拠資料の提出も。

 

申し訳ありませんが、国際結婚・配偶者ビザ申請においては、

「プライベートが…」

「プライバシーが…」

などと、おっしゃっている場合ではないのです。

 

 ※何度も言いますが、お気持ちは分かります。

 

 

国際結婚・配偶者ビザの専門行政書士として、お願いがございます。

 

国際結婚・配偶者ビザ申請について、ご相談に来られた際には、どうぞ、ご協力ください。

 

お聞きしている質問に答えていただけない。

お願いしている資料をご用意いただけない。

 

このように、お客さまにご協力いただけない場合は、いくら国際結婚・配偶者ビザ申請の専門家といえども、手続きを進めることができません。

 

プライベートを気にするあまり、国際結婚・配偶者ビザ申請に必要な質問への回答・資料の提供を渋ってしまう。

 

その結果、配偶者ビザ申請が不許可となり、配偶者ビザがもらえなくなってしまうことは、お客さまにとっても不本意ですよね。

 

行政書士は、敵ではありません。

 

お2人が1日でも早く、日本で一緒に暮らせるように。

お手伝いさせていただきたいのです。

 

どうぞ、お客さまにもご理解・ご協力いただきますように。

お願いいたします。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら