お役立ちブログ

配偶者ビザを申請・取得するために 国際結婚の手続きって難しい??

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 ※国際結婚・配偶者ビザについての詳細は、こちらへ。

  https://office1017.com/service/service01/

 

 

 

外国人の恋人と、長く付き合っています。

そろそろ結婚して、将来は日本で一緒に暮らしたい。

 

このような場合、いったいどうしたら良いのでしょうか?

 

まず、外国人配偶者(妻・夫)と日本で一緒に暮らすためには、「日本人の配偶者等」という在留資格を取得する必要があります。

 

一般的によく言われている「配偶者ビザ」のことです。

 

配偶者とは、法律上、有効に婚姻している者をいいます。

内縁は含まれません。

 

婚約者では、配偶者ビザは取れません。

必ず、入籍していることが必要です。

 

そこで、日本人と外国人とが、国際結婚することになります。

 

お相手は外国人です。

日本人同士の結婚とは、手続きの内容・やり方がまったく異なります。

 

日本人同士の結婚の場合は、婚姻届を役所に提出するだけでできます。

 

日本人と外国人との国際結婚の場合、日本で婚姻手続きをして、さらに、外国人の母国でも婚姻手続きをする必要があります。

日本で婚姻手続きをしただけでは、お相手の母国では未婚のまま、ということになってしまうのです。

 

また、配偶者ビザ申請のためにも、両国で婚姻手続きをしていることが必要となります。

 

手続きの内容・やり方は、お相手の国によって、まったく異なります。

 

必要な書類。

いつ、どんな手続きが必要か。

どこで手続きをするのか。

 

現在、お2人がどこに住んでいるかによって、どちらの国で先に手続きすれば良いのか変わってきます。

 

役所によって、若干、判断が異なることがあります。

手続きをする時期によって異なることもあります。

 

外国語で書かれた書類は、日本語に翻訳しなければいけません。

相手国によっては、大使館や外務省の認証印が必要なこともあります。

 

いつ、どこで、どんな書類が、どんな手続きが必要か???

 

この判断を誤ると、時間・お金の大きなロスが発生します。

二度手間をかけて、いらないお金を支払うハメになることも…。

 

国際結婚手続きは、とても複雑・煩雑です。

事前に、お互いの国の役所等できちんと確認し、計画的に準備して、進めていく必要があるということです。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら