お役立ちブログ

新型コロナウイルス感染症に関する補助金・給付金・一時金等の申請をお考えの皆さま。GビズIDを取得して電子申請に備えましょう。

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 

新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波、第4波と続き、感染拡大が落ち着く様子もありません。

感染拡大防止のため、幾度となく緊急事態宣言が出される状況です。

 

これにより甚大な被害・影響を受けられている方々が少なくないことは、容易に想像することができるでしょう。

 

国、地方自治体等から、新型コロナウイルス感染症に関する補助金、給付金、一時金等、次々と発表されております。

これらの給付を受けたい、申請したいとお考えの皆さまにご注意いただきたいことがございます。

 

最近は、これら補助金、給付金、一時金の申請は、電子申請の方法による受付とされていることが増えてきました。

中には、電子申請でしか申請が受け付けられないものもあります。

 

 

このような状況の中、補助金、給付金、一時金等の申請をお考えの方々には、お早めにGビスIDの取得を、ご検討いただきたいと思います。

 

GビスIDをご存じでしょうか?

詳しくは下記をご覧ください。

 

★gBizID(経済産業省)

 https://gbiz-id.go.jp/top/

 

 

補助金、給付金、一時金等の申請方法について電子申請によるとされている場合、それができる環境が整っていることが必要です。

 

 

GビスIDを取得するためには手続きが必要です。

GビスIDの取得手続きをしてから実際に取得できるまで、通常は約3~4週間かかります。

 

補助金、給付金、一時金によっては、公募開始してから申請締切まで、期間が短いこともあります。

申請したいと思ってから電子申請にかかる環境を整えようとしても、申請期限までに間に合わない恐れがあります。

 

必要な補助金、給付金、一時金等をしっかり受け取れますよう、今のうちにできる準備を整えられておかれますよう、お勧めいたします。

 

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

 

 

 

 

 

このあと、お時間はございますか?

よろしければ、こちらもご覧ください。

 

 

ABTC申請代行センター★

 ABTC(エイペック・ビジネス・トラベル・カード)をご存じですか?

 APEC域内へ頻繁に短期間渡航されるビジネスマンの方に、ぜひお勧めしたいカードです。

 

 ・短期出張の際にビザ取得が不要になります。

 ・現地に到着後、待ち時間なしで入国審査を受けられます。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

  

 

 

★カンボジア人専門!特定技能ビザ関連手続きサポートセンター★

 人手不足でお困りの会社さま、経営者の皆さま。

 外国人雇用にご興味ありませんか?

 

 カンボジア人の雇用、特定技能外国人の雇用をお考えなら。

 「特定技能」ビザ・制度について、ぜひこちらをご覧ください。

 

  

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら