お役立ちブログ

「3度のメシ」は絶対。

来てくださって、ありがとうございます。

大阪・外国人ビザ手続きサポート行政書士の岡田枝里です。

 

 ※国際結婚・配偶者ビザについての詳細は、こちらへ。

  https://office1017.com/service/service01/

 

 

 

カンボジア人にとって、「ごはん」はとても大事なものです。

 

誰かと会ったときの挨拶が、

 ニャム  バーイ?

  =ごはん、食べた?

 

 ニャム  ハウイ!

  =もう食べたよ!

 

ということからも、分かります。

 

これは、私たち日本人の「こんにちは」と同じ意味で交わされるやり取りです。

 

たくさんの量を食べるわけではありません。

でも、朝昼晩のうち一食をスキップすることは、ほぼほぼないです。

 

これは、日本で暮らす夫もそうです。

 ※さすがに、日本人へ挨拶するときは「こんにちは。」と言います(笑)

 

 

ある日。

 

私は、体調が悪くて寝ていました。

夫がごはんを作ってくれましたが、私は食欲がなかったので、

「ごめんね、ちょっと食べられない。」

と言いました。

 

また、ある日。

 

夫とケンカした私は、ごはんを作る気にもなれず、部屋に閉じ込もっていました。

ごはんは夫が用意したようでしたが、私は、

「今は食べたくない!」

と言いました。

 

どちらの場合も、問答無用で食べさせられましたよね。

 

どうやら、自分だけではなく、相手にも「3度のメシは絶対」ルールは適用されるようです。

 

 

ケンカしてても、ごはんは大事。

一緒にごはんを食べられることに感謝。

なんだかんだ言っても、作ってくれる夫にも感謝。

 

ただね。

体調悪くて食べられないこともあるからね。

そのときは、ごめんね。

作ってくれたのは、元気になったら食べるよ。

 

 

ごはんが食べられること、

作ってくれる人、一緒に食べてくれる人がいる。

 

幸せなことですね。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てたのでしたら、幸いです。

またのご訪問をお待ちしています。

  • facebook
  • twitter

ブログ一覧に戻る

無料メール相談はこちら